井上尚弥VS京口紘人あるぞ夢マッチ 2・11慈善イベント「LEGEND」

ポーズをとって意気込む(左から)木村翔、井上尚弥、京口紘人(カメラ・竜田 卓)
ポーズをとって意気込む(左から)木村翔、井上尚弥、京口紘人(カメラ・竜田 卓)

 プロボクシング新旧世界王者らが参加し、新型コロナウイルスと闘う医療従事者や患者を支援する慈善イベント「LEGEND」(2月11日、東京・代々木第一体育館)の開催概要が21日、発表された。

 都内での会見にはWBA、IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(27)=大橋=、WBA世界ライトフライ級スーパー王者・京口紘人(27)=ワタナベ=、元WBO世界フライ級王者・木村翔(32)=花形=らが出席。当日は3分×3回のエキシビション(スパーリング)6戦を予定。3人のほか、元WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者・内山高志氏(41)、元世界3階級王者・八重樫東氏(37)らも参加。観客5000人を含め、全員が事前にPCR検査を受ける。

 対戦相手の希望を聞かれた木村は、WBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔(31)=Ambition=を指名。京口が「同い年の選手」と井上を名指しすると、井上も「階級を超えるのもアリ」と笑った。「近くの階級のチャンピオンにオファーを出した」井上だが、木村が見たいカードに「井上と井岡」を挙げると「さっき対戦したいと言っていたでしょ?」と突っ込み、興味ありげな笑顔を見せた。(谷口 隆俊)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請