【楽天】ドラ1早川隆久、8年ぶり優勝は「使命」…東日本大震災の被災地訪れ決意

東日本大震災の被災地を訪問し、献花する早川ら新人7選手(球団提供)
東日本大震災の被災地を訪問し、献花する早川ら新人7選手(球団提供)

 楽天の新人7選手が21日、東日本大震災の被災地となった宮城県名取市の閖上(ゆりあげ)地区を訪問。ドラフト1位・早川隆久投手(22)=早大=は、自身も震災の被害を受けた一人として、2013年以来の優勝を東北に届けることを使命とした。発生から今年で10年。「東北に来て、もう一度優勝する使命を持ってプレーできることに、自覚を持ちながらやりたい。勇気や元気をもう一度与えたい」と決意を新たにした。

 被災地の現状を目の当たりにし、黙とうをささげた。「心を締め付けられる感じがあった。津波の高さを実際に表した模型を見ていると、恐ろしいものを感じた」。自身は千葉県横芝光町立上堺小6年時に被害を受けた。海岸部にあった実家は津波の影響で床上浸水。小学校の体育館で一夜を過ごした。規模の大きさこそ違えど、経験者だからこそ特別な感情を強く抱く。

 新人の被災地訪問は8年連続8回目。震災当時から選手として楽天に在籍するのは銀次、塩見、辛島と年々減っている。早川は今後も訪問活動を続ける意思を示し「忘れてはいけないこと。このような被災地訪問は毎年行うべきもの。新人に限らず現役の選手を交えながら行った方がいい取り組みと感じます」。被災者の思いも胸に、杜(もり)の都で腕を振る。(田中 哲)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請