坂本龍一「もう少しだけ音楽を作りたい」直腸がん公表のコメント全文

坂本龍一のコメント
坂本龍一のコメント

 音楽家の坂本龍一(69)が21日、公式サイトで直腸がんを患っていることを発表した。「みなさまへ」と題した本人のコメントで「大いに落胆しましたが、すばらしい先生方との出会いもあり、無事手術を終えて現在は治療に励んでいます」とした。14年にも中咽頭がんを患い、活動休止。15年に映画音楽で復帰するまで約1年の闘病生活を送っていた。

 コメント全文は以下の通り。

 みなさまへ

 2014年に罹患(りかん)した中咽頭がんは6年を経て寛解し安堵(あんど)していましたが、残念ながら、新たに直腸がんがみつかりました。

 大いに落胆しましたが、すばらしい先生方との出会いもあり、無事手術を終えて現在は治療に励んでいます。

 未曾有のパンデミック下で医療機関、医療従事者、関係者のみなさまのご苦労が多いなか、真摯(しんし)に患者と向き合う姿勢にはただただ頭が下がるばかりです。心より感謝を申しあげます。

このような事情のうえコロナ禍もあり、長距離の移動がともなう仕事は困難になりますが、治療を受けながら出来る範囲で仕事を続けていくつもりです。

 とはいえ、場合によってはキャンセルさえていただく必要があるかもしれません。

 現在抱えている仕事、プロジェクトに関わるみなさまには多大なご迷惑をお掛けすることを深謝いたします。

 これからは「がんと生きる」ことになります。

 もう少しだけ音楽を作りたいと思っていますので、みなさまに見守っていただけたら幸です。

 2021年1月21日

 坂本龍一

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請