野村万作と萬斎が「祝祭大狂言会2021」記者懇談会出席で親子三世代出演の魅力PR

「祝祭大狂言会2021」の記者懇談会に出席した人間国宝の野村万作(右)と野村萬斎
「祝祭大狂言会2021」の記者懇談会に出席した人間国宝の野村万作(右)と野村萬斎

 人間国宝で狂言師の野村万作(89)、萬斎(54)が21日、大阪市北区のフェスティバルホールで4月25日に上演する「祝祭大狂言会2021」の記者懇談会に出席した。

 今回は「二人袴 三段之舞」に萬斎の長男・裕基(21)、「月見座頭」で万作と萬斎の共演、新作狂言「鮎」に萬斎が出演し、親子三世代がそろい踏み。萬斎は「三代ということでめでたいし、ありがたい。息子は若い世代の魅力を。私は中間管理職。父は解脱(げだつ)した存在感で三世代の花が見られます」とアピールした。万作は「月見座頭」について「真の人間の善と悪の両面性が盛り込まれている。人と人の交流がちぐはぐになりつつあるのが今の世の中で、笑いを有効に皆さんに振りまいていけるかです」と話した。また、萬斎は新作狂言について「鮎が住む地方と欲望渦巻く都会。人間の変わらない生き様が、どういう結末になるかは見てのお楽しみ」と語った。

 新型コロナウイルスの感染拡大がおさまらないが、万作は演出の変更はないと断言。それでも「観客がマスクをしているので、反応が届かない中で演じているのは難しい」と本音を明かした。萬斎も「コロナ禍でしめっぽい、うっ屈している感じはある。生きるモチベーションとして、飾り気がない分ストレートに心と体でエールが送れるように頑張りたい」と話した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請