【楽天】ドラ1早川隆久、先輩投手の極意学ぶ…岸のカーブ、松井のスライダー、涌井の制球力、則本の奪三振力を深掘り

ジャンプ系のトレーニングを行うルーキーの早川
ジャンプ系のトレーニングを行うルーキーの早川

 楽天のドラフト1位・早川隆久投手(22)=早大=が20日、1軍スタートの春季キャンプで名だたる先輩投手の武器を深掘りし、極意を学ぶ考えを示した。則本昂や涌井、岸、松井らに「自分からも聞ける場面があれば積極的に聞いて参考にし、プロで生きていくための材料にしたい」と目を輝かせた。

 まず岸からは宝刀・カーブを学ぶ。投げ方だけでなく「自分はカーブの割合が多くないので割合を増やすための使い方を学びたい」。松井からはスライダーの感覚に加え「真っすぐの強さやチェンジアップの抜け感も左投手では変わってくるかなと思う」と同じ左腕だからこそのヒントも探る。

 球種以外でも血肉としたいことは多い。昨季最多勝を獲得した涌井からは制球面や球への力の伝え方とともに「ポーカーフェースで、どんなメンタルでマウンドに立っているか知りたい」。則本昂からも、奪三振の極意を吸収したい意思を以前から示している。

 この日は仙台市内で行われた新人合同自主トレに参加。春季キャンプは無観客開催となるが「キャンプを乗り越えて、どのように選手が変わってくるのかというのもファンの方に楽しみにしてもらえれば」とうなずいた。(田中 哲)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請