【阪神】アイデアマン矢野監督、異例の“無観客キャンプ”へ「見えない部分が見えるようになる可能性も」

スポーツ報知
矢野監督

 阪神・矢野燿大監督(52)が20日、12球団監督会議後にオンライン取材に応じ、2月1日から始まる異例の“無観客キャンプ”について言及した。

 この日、球団は1軍の沖縄・宜野座キャンプと2軍の高知・安芸キャンプを当面の間、無観客で行うことを発表。指揮官は「最善を尽くして、自分たちがしっかり意識してやっていくというところと、受け入れる方々も本当に大変な思いで受け入れてもらえると思うのでね。そういった方々にも感謝をして、去年も気付けたことですけど、野球をやれるっていうのは本当に当たり前じゃないのでね」と話した。

 続けて「見てもらえるというのはすごく励みになるので残念なところではあるんですけどね。でも今はオンラインとかテレビとか、いろんなところを通して僕たちのことを見てもらう機会はあると思うので。逆にこういう時だからこその発見というか、新しい楽しみ方とか伝え方というのも出てくる可能性は十分あると思う。球団もそういうところを頑張ってやってくれると思いますし、僕たちも何かあれば、そういうものは発信していきたいですし。皆さんからも何かこのようなことがというのがあればヒントとしてもらえれば、こういう状況の中でも何か喜んでもらえるとか、そういうものができあがってくる可能性はあると思うので、皆さんにもご協力いただきながら頑張っていきたいと思います」と虎党に呼びかけた。

 さらに「そこは今からもうちょっとみんなで考え出していく部分になると思う」としながら「もしかしたらすごく近い映像でね、普段映っていないようなところがお届けできれば、という可能性も思い浮かんだり。いま勝手にそれが思い浮かんだんやけど、例えば○○グラブ。近本やったらこういうグラブでどういうところにこだわっているとか、そういう話もおもしろいのかな。やっぱりファンの人もそういうところにも興味ある方多いと思うし、逆に言うと部屋で何しているですか? とかね。そういうのは見えない部分なんで。逆に言うと見えない部分が見えるようになる可能性っていうのは…。今ふと浮かんだだけだよ」と笑みを浮かべた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請