【DeNA】ソト、オースティンら外国人の開幕ピンチ 三浦大輔監督「まだ入国のメドが立っていない状況」

スポーツ報知
DeNAの三浦大輔新監督

 DeNAの三浦大輔監督(47)は20日、12球団監督会議後にオンライン取材に応じ、外国人選手の来日のメドが立っていないことを明かした。

 2月1日に沖縄・宜野湾市で無観客のキャンプがスタートするが、現時点で来日している外国人選手はいないという。指揮官は「まだ入国のメドが立っていない状況。(キャンプインに)間に合わないと聞いています。連絡は取って、しっかり自主トレはやってくれていると思う。日本の選手はチャンスと思ってやってもらいたい」と話した。

 これまで、外国人選手の力がチームを支えてきたDeNA。今季も打線の中心は18、19年に本塁打王に輝き来日3年で109本塁打のソト、昨年65試合で20発を放ったオースティンが担うことが濃厚だ。また、先発には速球系の平均球速156キロともいわれる新外国人ロメロが加わり、救援には3年連続50登板以上のエスコバーも控える。

 現時点では開幕に間に合うかも白紙。三浦新監督は「まだ(開幕に)間に合わないとは聞いていないけど、最悪そういう事態も考えないといけない」と頭を抱えていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請