MBS「ちちんぷいぷい」21年半の歴史に幕…「ゴゴスマ」編成へ 

スポーツ報知
大阪・毎日放送(MBS)の開局70周年の記念ロゴ

 毎日放送(MBS、大阪市)は20日、新春社長会見をオンラインで行い、1999年10月に放送を開始した人気看板情報番組「ちちんぷいぷい」(月~金曜・後1時55分)を3月12日に終了すると発表した。後番組として名古屋・CBCテレビ制作の生放送情報番組「ゴゴスマ」を同15日から放送する。

 「―ぷいぷい」の初代プロデューサーだった三村景一社長(66)は「『ゴゴスマ』の編成はTBS系列の強化。『―ぷいぷい』を継続する手もあったが、当たり前だったことをすべて見直した」とコロナによる経営悪化も終了の一因に挙げた。

 また、「―ぷいぷい」とリレーで、19年から放送している情報番組「ミント!」(月~金曜・後3時49分)を3月5日に終了することも発表。その枠で同8~12日は「―ぷいぷい」のフィナーレ企画を放送する。

 「ミント!」枠では3月29日から新番組「よんチャンTV(仮)」(後3時40分)をスタート。河田直也アナウンサー(46)がパーソナリティ、大吉洋平アナウンサー(35)がニュースキャスターを務める。15~26日は2週間限定で「Nスタ」を編成する予定。

 また、TBSテレビと共同制作の阿川佐和子さん(67)司会のトーク番組「サワコの朝」(土曜・前7時30分)の終了も発表した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請