【阪神】ドラ3・佐藤蓮、ブルペン新人一番乗り…久保田智之2軍投手コーチ「右のセットアッパーでいないタイプ、楽しみ」

スポーツ報知
新人合同自主トレでブルペン入りした阪神ドラフト3位の佐藤蓮(球団提供)

 阪神のドラフト3位・佐藤蓮投手(22)=上武大=が19日、兵庫・鳴尾浜で新人一番乗りでブルペン入りし、久保田智之2軍投手コーチ(39)に太鼓判を押された。立ち投げで直球とカーブの22球。練習後、オンライン取材に応じ「ちょっと力んでしまったんですけど、その中でも自分のボールがある程度、投げられたかなと思います」と納得の表情を浮かべた。

 今季就任の久保田コーチは、背番号「30」を引き継ぐルーキーを視察。「力のあるボールで、いいカーブも投げていた。タイプ的には中(継ぎ)だと思う。右のセットアッパーでいないタイプだし、楽しみな選手。期待がある」と大絶賛した。

 久保田コーチは「JFK」の「K」として活躍し、07年の90試合登板はプロ野球最多記録。最速155キロの剛腕も「中継ぎなら60試合」とフル回転に意気込む。体重101キロのがっちりした体格から剛速球を投げ込む投球スタイルも“久保田2世”。「連投に対しての取り組み方、毎日同じコンディションで投球できるかというのを聞いてみたい」と中継ぎの極意を吸収するつもりだ。ドラ1・佐藤輝明と同様、キャンプ1軍スタートの予定。大砲と注目される同姓の同期に負けじと、佐藤蓮は「K」のような勝利の方程式の一角を目指す。(森脇 瑠香)

 ◆佐藤 蓮(さとう・れん)1998年4月11日、静岡・三島市生まれ。22歳。小学4年時に「長伏ヴィーナス」で野球を始め、中郷西中では「三島シニア」に所属し、3年時に日本代表。飛龍高(静岡)では甲子園出場なし。上武大では1年冬に右肘手術など故障に苦しみ、4年秋にリーグ戦初登板。188センチ、101キロ。右投右打。家族は両親と兄。趣味は韓国ドラマ鑑賞で、お気に入りは「愛の不時着」。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請