奈良競輪20日から中止に…参加選手が新型コロナウイルス陽性者の濃厚接触者に

 1月19日から行われていた奈良競輪「CTC賞」(F2)は、20日の2日目以降が中止となった。新型コロナウイルス陽性者との濃厚接触者と認定された参加選手が保健所から自宅待機が要請されたため、参加選手、関係者の安全を考慮して、19日の開催終了後に決まった。

 選手にコロナウイルス感染の可能性があるために開催が中止になった1月17~19日の高知F1に続いて、開催2日目からの中止の措置がとられた。

 なお、奈良競輪場で予定されていた1月20日の小倉F1ナイターの場外発売は中止となるが、1月21日以降は予定通りに発売される。

 主催者の森本光博・奈良県営競輪場長は「ファンの皆様には誠に申し訳ございません。公正安全な開催が難しいと判断し、苦渋の決断ですが、中止とさせていただきました。ご理解いただきますよう、よろしくお願い致します」とコメントした。

 初日6Rに出走していたガールズケイリンの宮地寧々は「仕方がないですね。次は28日からの平塚『ガールズコレクション・トライアル』に出場予定ですが、無事に開催されるのか」と不安げな表情を見せていた。

ギャンブル

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請