将棋の野原未蘭女流2級、デビュー4か月でスピード昇級

野原未蘭新女流1級
野原未蘭新女流1級

 日本将棋連盟は19日、野原未蘭(みらん)女流2級(17)の女流1級への昇級を発表した。

 18日に行われた第43期女流王将戦予選で中村真梨花女流三段(33)に勝って本戦入りを果たし、昇級規定を満たした。昨年9月にデビューしたばかりだが、わずか4か月でのスピード昇級となった。

 野原新女流1級は富山市生まれ。5歳で将棋を始め、9歳から元奨励会三段・鈴木英春さんの指導を受け、鈴木さんが考案した戦法「英春流」を武器に戦ってきた。2018年の中学生名人戦では女子として史上初の優勝。数々の女流棋士を輩出した女流アマ名人戦で史上初の3連覇を成し遂げた。師匠は十八世名人資格保持者の森内俊之九段(50)。今後もさらなる飛躍が期待される。

将棋・囲碁

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請