嵐・松本潤が23年NHK大河に主演「どうする家康」ジャニーズ勢で14年のV6岡田准一以来5人目

2023年 大河ドラマ「どうする家康」で主演する松本潤
2023年 大河ドラマ「どうする家康」で主演する松本潤

 NHKは19日、通算62作目となる2023年の大河ドラマ「どうする家康」の制作を発表した。主演は、昨年末でグループ活動を休止した嵐の松本潤(37)が務める。嵐メンバーの大河出演は初めて。ジャニーズ勢では「軍師官兵衛」(14年)で主演したV6・岡田准一(40)以来5人目の主演。脚本は古沢良太氏が手掛ける。

 松本が挑むのは、数々の名優が演じてきた江戸幕府を築いた戦国武将。大河として1983年「徳川家康」(主演・滝田栄)、2000年「葵 徳川三代」(主演・津川雅彦ら)以来で単独では40年ぶりとなる。現在放送中の「麒麟がくる」では、同じジャニーズの風間俊介(37)が家康役を演じている。

 嵐は、昨年大みそかにNHK紅白歌合戦、無観客の東京ドームから配信した「This is 嵐 LIVE」を最後に活動休止した。松本は、休止後の活動についてスポーツ報知などのインタビューに「ちょっと僕は少しゆっくりしようと思っています。決まった定期的な仕事を受けていないので。少しゆっくりしながら今後のことを考えて、その中で自分が何をやりたいかとか、どういうことを今後、続けていきたいのかを含め。ゆっくり充電させてもらってから動き始めようかなとは思います」などと語っていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請