【磐田】中山雅史コーチ、藤枝東高の後輩MF山田大記とDF大井健太郎に“ゴン魂”注入

選手目線で練習を手伝う磐田・中山コーチ
選手目線で練習を手伝う磐田・中山コーチ

 J2ジュビロ磐田が18日、大久保グラウンドで始動した。中山雅史コーチ(53)が2009年以来12シーズンぶりに古巣へ復帰した。積極的に選手に声をかけた。藤枝東高の後輩MF山田大記(32)とDF大井健太郎(36)が、初日からさっそくゴン魂を注入された。心強い大先輩とともに、J1復帰へ挑む。

 レジェンドの加入で、ジュビロイレブンが、笑顔の始動となった。MF山田は「憧れの存在がすごく近くにいて、一緒に戦えるのは嬉しいです。たくさんの事を、これからも聞きたいです」と、振り返った。藤枝東高出身の大先輩コーチからの指導。高校の後輩はさっそくゴン効果を口にした。トレーニング中も中山コーチは選手を褒め称えた。選手の時と同様にピッチではやはりムードメーカーだ。山田は「(中山さんの言葉は)とてもためになります」と話した。

  • ウェートに励むJ2磐田のDF大井健太郎
  • ウェートに励むJ2磐田のDF大井健太郎

 山田は中学の頃、ジュビロの試合を見に行ったという。「中山さんが準備をしている段階でスタジアムがざわつき、試合に出てきたら割れんばかりの大歓声。ピッチに入ったら一気にジュビロの雰囲気にスタジアムを変えて、すごい影響力のある選手だと感じました」と当時のレジェンドの印象を語った。

 大先輩の背中を追い藤枝東へ進学し、11年に磐田入り。14年から17年にはドイツのカールスルーエに所属した。ドイツ時代には壁にぶち当たり、中山コーチから直接、助言も受けた。「サッカー哲学というか、具体的に中身は言えないけど、サッカーの考え方、向き合い方、その先輩の言葉すべてに救われました」。昨季は40試合に出場で3得点。「得点にフォーカスしていきたい。初の10得点目指します」。今季は大先輩とともに、目標達成を目指す。

 DF大井も藤枝東出身“門下生”の一人だ。「積極的に声を掛けてくれて嬉しかった。得点を奪う能力を教えてほしい」と期待。「中山コーチはユーチューバーなのに、ガラケーを使っていちゃ駄目ですよ」と突っ込みも入れた。

 最後は全員でランニング。選手は充実した表情で初日の練習を終えた。最高のスタートを切った“ゴンチルドレン”。レジェンドとともに、J1昇格へ突き進む。(森 智宏)

選手目線で練習を手伝う磐田・中山コーチ
ウェートに励むJ2磐田のDF大井健太郎
すべての写真を見る 2枚

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請