ラグビーTL東芝、キヤノンが活動再開 開幕は2月に延期

 ラグビー・トップリーグ(TL)の東芝は18日、チーム活動を再開させたと発表した。8日に新型コロナウイルスの陽性者2名が判明し、活動を休止していた。その後判明した人数も含めた陽性者5人、濃厚接触者3人は引き続き療養および自宅待機を続けている。

 また、キヤノンも活動を再開した。2日に1人の陽性が判明し、その後24人まで拡大。陰性判定を受けた全選手、スタッフも多くが濃厚接触の認定を受けていた。

 東芝、キヤノンほかトヨタ自動車、サントリー、NEC、神戸製鋼の計6チームで感染者が判明したことを受け、TLは1月16日の開幕予定を延期。2月初旬~中旬をめどに開幕させる方針。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請