【西武】松坂大輔、内海哲也、山川穂高、ドラ1渡部健人がキャンプB班スタートへ…新人は若林楽人とブランドン大河がA班

松坂大輔
松坂大輔

 西武は18日、埼玉・所沢の球団施設で全体会議を開き、春季キャンプメンバーの振り分けを行った。新人ではドラフト4位の若林楽人外野手(22)=駒大=とタイシンガーブランドン大河内野手(22)=東農大北海道=が宮崎・南郷で行われるA班(1軍)キャンプのメンバーに入った。

 一方、期待のスラッガーでドラフト1位の渡部健人内野手(22)=桐蔭横浜大=は、右肩の状態が万全でないため、キャンプは高知・春野で行われるB班(2軍)スタート。新人合同自主トレではネットスローを行っているが、辻発彦監督(62)は「渡部は1か月以上投げていない。打つ方はできているので、肩が回復すれば上に呼ぶこともあるかもしれない」と話した。

 また、辻監督は昨季右足首痛に悩まされた山川穂高内野手(29)をB班でスタートさせる方針を明言。「しっかり走れる守れるとなれば合流してほしい」と期待した。ベテランでは、昨年7月に受けた「昨年7月に「脊椎内視鏡頸椎(けいつい)手術」から復活を目指す松坂大輔投手(40)、内海哲也投手(38)がB班スタート。中村剛也内野手(37)と栗山巧外野手(37)はA班でキャンプインの予定となっている。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請