【日本ハム】ドラフト6位・今川優馬 メジャー3冠王打法に手応え

スポーツ報知
打撃練習をする日本ハムの今川(球団提供)

 日本ハムのドラフト6位・今川優馬外野手(23)=JFE東日本=が17日、“メジャー3冠王打法”の習得に取り組んでいることを明かした。新人合同自主トレ第3クール初日から室内でのフリー打撃がスタートし「自分が思っていた以上にいいかなと。今は打撃フォームを模索しているけど、意外としっくりきているかなという感じがあった」と振り返った。

 参考にするのが12年に米大リーグで打率、本塁打、打点で3冠王に輝いたタイガースのミゲル・カブレラ=写真=の打撃フォーム。以前は一度左足に体重を乗せてから右足に重心を移し、その反動でバットを振っていたが「(左)足を上げたらスッと前にいくように、よりシンプルな動きにしようと思った。カブレラ選手により近づこうと思って最近は取り組んでいます」と話した。

 この日は昨年現役を引退し、今季から打撃投手の浦野が投げる球を打ち込んだ。生粋のファイターズファンということもあり「個人的には浦野さんと対戦できたたのが楽しかった。完全にファン目線で笑みがこぼれてしまいました」。充実感あふれる表情を見せる道産子スラッガーは着実に成長を続けている。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請