馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

注目レース:  中山記念G2 阪急杯・G3
全レース出馬表・データ・成績を提供中  中山 阪神 小倉

【京成杯・敗者の弁】アクセルは8着 負傷の父に替わって騎乗の横山武「座り込んだ時に…」

京成杯で8着のアクセルと横山武騎手
京成杯で8着のアクセルと横山武騎手

 ◆第61回京成杯・G3(1月17日、中山・芝2000メートル、良)

 すべて1勝馬の3歳牡馬12頭によって争われたG3は、1番人気のグラティアス(美浦・加藤征弘厩舎、父ハーツクライ)が直線で内から伸びて快勝。新馬に続く2連勝で重賞制覇を成し遂げた。騎乗していたクリストフ・ルメール騎手(41)=栗東・フリー=は11日のフェアリーS(ファインルージュ)に続く、“2週連続”の重賞制覇となった。勝ち時計は2分3秒1。

 2馬身半差の2着は2番人気のタイムトゥヘヴン(ミルコ・デムーロ騎手)が入り、さらに1馬身1/4差の3着は6番人気のテンバガー(戸崎圭太騎手)が続いて、3連単の配当は1万750円だった。

 岩田望騎手(エイカイファントム=7着)「どうしてもペースが落ち着いてしまって、この馬の持ち味が出せなかった。展開が向きませんでした」

 横山武騎手(アクセル=8着)「ゲートのなかで少しうるさい感じで、座り込んだような形の時にゲートが開いてしまった。でも、よく頑張ってくれました」

 清水久調教師(タケルジャック=9着)「ゲートで少し遅れたので、あの位置取りになりました。馬群でもレースができたし、いい経験になった」

 津村騎手(ラカン=10着)「ペースが落ち着いてしまいました。この馬の良さが生きる流れになってくれなかった」

 三浦騎手(ブラックロータス=11着)「ペースが速くなってから、脚を取られてしまった。これからの馬です」

 北村友騎手(ディクテイター=12着)「まだ緩さもあって、これからの馬だと思います」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請