馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 阪神 新潟

【京成杯】6番人気の関西馬テンバガーが3着 戸崎「力のあるところを証明できた」

京成杯で3着に終わったテンバガー
京成杯で3着に終わったテンバガー

 ◆第61回京成杯・G3(1月17日、中山・芝2000メートル、良)

 すべて1勝馬の3歳牡馬12頭によって争われたG3は、1番人気のグラティアス(美浦・加藤征弘厩舎、父ハーツクライ)が直線で内から伸びて快勝。新馬に続く2連勝で重賞制覇を成し遂げた。騎乗していたクリストフ・ルメール騎手(41)=栗東・フリー=は11日のフェアリーS(ファインルージュ)に続く、“2週連続”の重賞制覇となった。勝ち時計は2分3秒1。

 2馬身半差の2着は2番人気のタイムトゥヘヴン(ミルコ・デムーロ騎手)が入り、さらに1馬身1/4差の3着は6番人気のテンバガー(戸崎圭太騎手)が続いて、3連単の配当は1万750円だった。

 戸崎騎手(テンバガー=3着)「ちょっとゲートのなかでうるさくて、若さがありました。まだ走りも固まっていないような感じ。それでも上手にレースは運べて、直線は前をカットされたが、また盛り返している。力のあるところを証明できた」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請