馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  中山 中京

【京成杯】グラティアスが好位抜け出しで2馬身半差V ルメール「今日は楽勝でした」

京成杯を制したグラティアスとルメール騎手
京成杯を制したグラティアスとルメール騎手

 ◆第61回京成杯・G3(1月17日、中山・芝2000メートル、良)

 すべて1勝馬の3歳牡馬12頭によって争われたG3は、1番人気のグラティアス(美浦・加藤征弘厩舎、父ハーツクライ)が直線で内から伸びて快勝。新馬に続く2連勝で重賞制覇を成し遂げた。騎乗していたクリストフ・ルメール騎手(41)=栗東・フリー=は11日のフェアリーS(ファインルージュ)に続く、“2週連続”の重賞制覇となった。勝ち時計は2分3秒1。

 2馬身半差の2着は2番人気のタイムトゥヘヴン(ミルコ・デムーロ騎手)が入り、さらに1馬身1/4差の3着は6番人気のテンバガー(戸崎圭太騎手)が続いて、3連単の配当は1万750円だった。

 クリストフ・ルメール騎手(グラティアス=1着)「僕のポジションはすごくおいしかった(いい位置だった)。今回は、馬にとっていい勉強になった。別の馬の後ろで我慢することができたし、リラックスできた。その後は直線で能力を見せてくれました。素晴らしい手応えでした。跳びが大きいけど、今日は加速しましたね。すぐトップスピードに届いて、今日は楽勝でした。馬体が大きくなったし、少し大人になりましたし、まだよくなれるけど、よくなったら、また(課題を)インプルーブ(改善)できたらG1に行けると思う。できればG1に乗りたいし、G1を勝ちたい。(今年重賞2勝目に)すごくいいスタートをしました。いい馬に乗ることができた。クラシックに(行くことに)とって、早めに重賞を勝つのは大事。今日はすごくうれしい」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請