【巨人】今季は助っ人8人…大リーガー2人獲得で「外国人枠争い」どうなる

巨人入団が正式発表となり球団提供の動画でコメントを寄せたテームズ(球団提供)
巨人入団が正式発表となり球団提供の動画でコメントを寄せたテームズ(球団提供)

 巨人は今オフ、新外国人選手として強打の助っ人を2人獲得した。

 エリック・テームズ内野手(34)は14年から在籍した韓国リーグでアジア初のシーズン「40本塁打・40盗塁」を達成。韓国球界3年間で通算打率3割4分9厘、124本塁打を記録した。17年にブルワーズでメジャー復帰すると、同年シーズン31本塁打を放つなど、メジャー通算96本塁打の左の大砲。コロナ禍で60試合制だった昨年もナショナルズで41試合に出場した。巨人は左翼手として起用する構想で期待している。

 もう一人は左投げ両打ちのジャスティン・スモーク内野手(34)。ブルージェイズ時代の17年に38本塁打、90打点とキャリアハイの成績を残し、同年にはオールスターにも選出された。メジャー通算196本塁打。昨年はブルワーズとジャイアンツでプレーし、8月にはダルビッシュから本塁打を放ちノーヒットノーランを阻止した。巨人は強打の一塁手として期待している。

 今オフはディプラン、モタ、パーラと支配下の外国人選手3人が退団。今季の外国人は投手がデラロサ、サンチェス、メルセデス、ビエイラの4人。野手がスモーク、テームズ、ウィーラー、ウレーニャの4人で計8人となっている。

 1軍の外国人登録は昨年の「コロナ特例」を今季も継続して5人(ベンチ入りは4人まで)となる見込み。投手、野手ともに1試合最大3人まで出場可能だが、投手4人、もしくは野手4人を同時に1軍登録した場合は、そのうち一人はベンチ外とする必要がある。

 また「投手4・野手1」「投手1・野手4」という登録を1度でも行ったチームは、それ以降に5人登録する場合はその組み合わせしかできない制限があり、「投手3・野手2」のような使い方はできなくなる。

 この制限を考えれば、外国人選手が5人以上いて5人1軍登録するチームは、「投手3・野手2」か「投手2・野手3」でスタートすることが現実的。巨人の外国人争いも注目だ。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請