【卓球全日本】男子は及川瑞基vs森薗政崇の決勝に ともにジュニアやダブルスで日本一を経験

男子シングルス準決勝 決勝進出を決めた及川
男子シングルス準決勝 決勝進出を決めた及川

 ◆卓球 ▽全日本選手権 最終日(17日、丸善インテックアリーナ大阪)

 男子シングルス準決勝は及川瑞基(23)=木下グループ=が、2年連続で準決勝に進んだ吉田雅己(26)=栃木県スポーツ協会=に4―2で快勝。森薗政崇(25)=BOBSON=もTリーグ・岡山でともにプレーする田中佑汰(20)=愛知工大=を4―1で下し、ともに午後2時から予定されている決勝に初めて進出を決めた。

 シングルスではこれまで森薗が4強、及川が6回戦が最高だったが、ともに青森山田高出身で、ジュニア時代は森薗が2013年、及川が2015年に優勝。ダブルスでは両選手ともに日本一の経験があるなど、共通点も多い。東京五輪代表の張本智和(17)=木下グループ=、丹羽孝希(26)=スヴェンソン=は準々決勝で敗れたが、実力者2人の日本一をかけた戦いも注目だ。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請