里見香奈女流名人、前人未到V12へ「体調いい」きょうから女流名人戦で加藤桃子女流三段と五番勝負

強風の大涌谷で名物「黒たまご」を手に笑顔の里見香奈女流名人(左)と加藤桃子女流三段(カメラ・関口 俊明)
強風の大涌谷で名物「黒たまご」を手に笑顔の里見香奈女流名人(左)と加藤桃子女流三段(カメラ・関口 俊明)

 前人未到のV12と女流棋戦史上最多タイのタイトル獲得通算43期を目指す里見香奈女流名人(28)=清麗、女流王位、倉敷藤花=に、加藤桃子女流三段(25)が初挑戦する「第47期岡田美術館杯女流名人戦」五番勝負第1局が17日、神奈川県箱根町の「岡田美術館 開化亭」で開幕する。両者は16日に現地入り。対局場の検分を入念に行った。

 穏やかな気候の東京駅からバスで約2時間。箱根火山は激しい戦いを予測するかのように、強烈な風が吹きすさんでいた。撮影のために訪れた大涌谷。3000年前の噴火によってできた地の、硫化水素を含んだ噴気は、2人の静かなる闘志を象徴していた。

 里見女流名人は大涌谷の光景を「映画に出てくるようで、すごく新鮮。目が休まりました」と楽しみ、「今年は箱根で対局できるか分からない状況でしたが、こうして来られて一安心。体調はいいです」と、現在3連勝中の初戦に向けて視界良好。一方の加藤女流三段は、1個食べると寿命が7年延びるとされる名物・黒たまごを2個食して「おいしかった。たまご大好き」と笑顔。冷たい暴風に「想像以上」と驚いたが「旋風を巻き起こしたい。勢いよく向かいたい」とリーグ戦9戦全勝で得た挑戦権に“全集中”していた。(筒井 政也)

将棋・囲碁

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請