里見女流名人「力を出し切る」 加藤女流三段「盤上に表現」女流名人戦五番勝負、開幕前夜の誓い

対局前日の賀詞会で健闘を誓いエアグータッチをする里見香奈女流名人(左)と挑戦者の加藤桃子女流三段
対局前日の賀詞会で健闘を誓いエアグータッチをする里見香奈女流名人(左)と挑戦者の加藤桃子女流三段

 将棋の「第47期岡田美術館杯女流名人戦」(報知新聞社・日本将棋連盟主催)五番勝負第1局が17日、神奈川県箱根町の「岡田美術館 開化亭」で開幕する。

 里見香奈女流名人(28)=清麗、女流王位、倉敷藤花=と挑戦者の加藤桃子女流三段(25)が16日に現地入り。両者は同日夜、宿泊先ホテルで行われた関係者のみの食事会であいさつした。

 例年は盛大な前夜祭を開催しているが、今年は人数を絞り、ソーシャルディスタンスを保っての食事会になった。

 前人未到の12連覇と女流棋戦史上最多タイとなるタイトル獲得通算43期を目指す里見女流名人は「コロナ禍の今、箱根で開催できるかはギリギリまで分からなかったので、関係者の皆様に感謝申し上げます。明日は自分の持っている力を出し切るように頑張ります」とあいさつした。

 初参加の女流名人リーグを全勝突破し、初挑戦する加藤女流三段は「今、タイトル戦を開催していただけることはとても有難いことです。感謝の思いを盤上に思い切り表現したいです。五番勝負は、せいいっぱい力を尽くします」と誓っていた。

将棋・囲碁

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請