レイズの筒香嘉智が故郷のイベントで子供にメッセージ TVゲーム短くしてポジティブに

オンラインでイベントに参加した筒香はオンラインを通じてブリッジを披露(提供写真)
オンラインでイベントに参加した筒香はオンラインを通じてブリッジを披露(提供写真)

 米大リーグ、レイズの筒香嘉智外野手(29)が16日、故郷の和歌山・橋本市で行われた「筒香選手のトークとエクササイズ体験会」にオンラインで参加した。

 同市のスポーツ推進アドバイザーを務める筒香は、参加した地元の子供たちの質問に丁寧に回答。「目にも良くないし、姿勢も悪くなるから」とゲームの時間を短縮することや「できないことを悲観するのではなく、できたことを喜べるようになってほしい」という心の持ち方など数々のアドバイスを送った。

 さらに、中学時代から取り入れ、この日もイベント前に3時間を費やしたエクササイズの手本として、ブリッジや倒立を披露。「自分の体が自在に扱えるようになります」と“筒香流”のトレーニングをすすめた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請