村上雄大がデビュー戦で判定勝ち アマ29勝の21歳

村上雄大(右)が清水直樹に右ストレートを放つ
村上雄大(右)が清水直樹に右ストレートを放つ

◆プロボクシング ライト級(61・2キロ以下)4回戦 〇村上雄大 (判 定) 清水直樹●(16日、東京・後楽園ホール)

 アマチュア29勝の村上雄大(21)=角海老宝石=が清水直樹(23)=M・T=に判定勝ち。デビュー戦を白星で飾った。

 身長180センチのサウスポー・村上は、長いリーチを生かしながらジャブを打ち込んでポイントを稼いだ。3回には強烈な左ボディーがヒット。同じデビュー戦の清水からダウンは奪えなかったが、ジャッジは3人とも39―37と村上に軍配を上げ、快勝した。

 清水は、同じジム所属のWBO世界フライ級王者・中谷潤人らがスパーリングで胸を貸すなど正月返上でこの試合に向けて調整してきたが、無念の黒星発進となった。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請