山口真帆、美魔女役で映画初出演&初主演 人気少女漫画「ショコラの魔法」実写化

スポーツ報知
ゴスロリファッションで映画初出演・初主演を飾る山口真帆

 元NGT48で女優の山口真帆(25)が、人気少女漫画を実写化した映画「ショコラの魔法」(今夏公開、森脇智延監督)に主演することが15日、分かった。映画デビューにして初主演。原作ファンでもある山口は「お話をいただいた時は本当に心躍りました」と大役に胸を弾ませている。

 人気コミック誌「ちゃお」(小学館)で連載され、累計100万部を突破した、みづほ梨乃さんの同名少女漫画が原作。一番大切なものを代償に、どんな願いもかなえる不思議な魔力を秘めたチョコレートを提供する屋敷を舞台にしたファンタジーホラー作品だ。

 山口が演じるのは、不思議なチョコを作る美しい魔女・哀川ショコラ。「待ち受け画面もショコラにする程、先生の描くショコラが大好きだったので、お話をいただいた時は本当に心躍りました」。ビジュアルも原作を忠実に再現。紫色のロングヘア、胸元の大きなリボンが特徴的なゴスロリファッションに身を包み、異次元的な存在感を放った。

 19年5月にNGTを卒業。昨年1月期の日本テレビ系ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」で女優デビューし、同年9月には初舞台も経験した。満を持しての銀幕デビュー。既に撮影は終了しており「私に務まるか不安になりましたが、スタッフや共演者の方々の支えもあり、無事に演じることができました」と充実感をにじませた。古郡真也プロデューサーは「山口さんの個性を生かしながら素晴らしい映画版ショコラになったと思います」とコメントした。

 また、山口は16日午後3時20分から「次世代ワールドホビーフェア オンライン」の「YouTubeチャンネル」と「ちゃおチャンネル」に生出演する。

 ◆山口 真帆(やまぐち・まほ)1995年9月17日、青森県生まれ。25歳。2015年、NGT48第1期オーディションに合格し、17年4月にメジャーデビュー。19年5月にグループを卒業し、研音に移籍。20年1月期の日本テレビ系「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」で女優デビュー。同年9月、「走れメロス~文豪たちの青春~」で初舞台。161センチ。ニックネームは「まほほん」。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請