【ロッテ】清田育宏、無期限謹慎 札幌遠征で会食も虚偽報告…石垣島キャンプは不参加

清田育宏(代表撮影)
清田育宏(代表撮影)

 ロッテは15日、昨年9月末に遠征先の札幌で、禁止されていた部外者との会食の事実を球団に報告せず虚偽の説明をしていたと7日に「フライデー」(電子版)に報じられた清田育宏外野手(34)に無期限謹慎(活動停止)処分を下したと発表した。監督不行き届きがあったとして松本尚樹球団本部長(50)は厳重注意処分となった。清田は2月1日開始の沖縄・石垣島キャンプには参加しない。

 札幌遠征後の10月上旬には清田ら8選手を含む計14人が新型コロナウイルスに感染。不倫していたとも報道され、球団内で事実関係を確認していた。その結果、清田が札幌遠征で「部外者を含まない4人以内での会食は許可する」という球団のルールに反し、虚偽報告していたことなどが判明した。

 清田は球団を通じて「私の行った行為は決して許されるものではないと理解しております。自分の行為を深く反省し、また皆様に応援してもらえるような選手となれるように自分と向き合っていく所存です。この度は本当に申し訳ありませんでした」などと謝罪した。

 球団広報室は「日頃よりご声援をいただいているファンの皆様、ご支援をいただいている関係各位の期待を裏切る事態を招き、誠に申し訳なく、深くおわび申し上げます」などとコメント。信頼回復に努めるとした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請