【卓球全日本】佐藤瞳、相手の棄権に「びっくりしました」…7年連続8強入り

佐藤瞳
佐藤瞳

◆卓球 全日本選手権 第5日(15日、丸善インテックアリーナ大阪)

 女子シングルスで佐藤瞳(23)=ミキハウス=が準々決勝に進んだ。初戦の4回戦では馬場麻裕(デンソー)に大苦戦。ゲームカウント2―3と追い込まれたが「馬場選手は2回戦で牛嶋(星羅)選手に勝っている。カット打ちが万全で自信を持って打ってきていた。そこで自分が受け身になってしまったけど、最後は大丈夫、自信を持ってやろうと気持ちを切り替えてできました」と逆転した。

 苦しい試合を勝ち抜き、5回戦では竹前裕美子(エクセディ)を4―2で下した。6回戦では昨季TリーグMVPの森さくら(日本生命)と当たる予定だったが、相手が棄権。関係者によると、足を痛めた模様だが、意外な形で7年連続の8強進出が決まった。佐藤は森から直接棄権を伝えられたが「(5回戦で)4―0で勝っていたのでびっくりしました」。次戦に向けては「ここ3年はベスト4に入れていない。まずそこを一つの目標として、今日の反省を生かして向かっていきたい」と力を込めた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請