【阪神】宜野座キャンプの入場整理券見合わせ 本来なら受け付け開始も…無観客浮上

昨年の宜野座キャンプ初日、ファンにサインする阪神・矢野監督
昨年の宜野座キャンプ初日、ファンにサインする阪神・矢野監督

 阪神の1、2軍春季キャンプの入場整理券の申し込み開始が見合わされていることが15日、分かった。球団から運営委託されている阪急交通社の西日本営業部は「本来なら受け付けを開始している予定でしたが、日々状況の推移を見守っています」と説明。新型コロナウイルス感染再拡大の状況次第では、キャンプが無観客となる可能性も出てきた。

 球団は昨年12月、感染予防策を徹底した上で、観衆を1日上限1000人に制限することを発表。転売対策などで申込金2000円(来場者には特典)の事前予約制としていた。

 1軍キャンプ地の沖縄・宜野座村役場担当者は有観客の方針について「現時点で変更はありません」としたが、「沖縄県知事の発表などは踏まえなければいけない」と今後の情勢に対応する考えを示した。2軍キャンプは高知・安芸市で行われる。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請