馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 中京 新潟

サートゥルナーリア電撃引退 今後は社台SSで種牡馬入り

19年のG1皐月賞を制したサートゥルナーリア
19年のG1皐月賞を制したサートゥルナーリア

 18年のホープフルS、19年の皐月賞とG1で2勝を挙げたサートゥルナーリア(牡5歳、栗東・角居勝彦厩舎)の現役引退が15日、決まった。今後は北海道の社台スタリオンステーションで種牡馬入りする予定。馬主のキャロットクラブのホームページで発表された。

 同馬は昨秋、ジャパンCでの復帰を目標に調整を続けたが、左後肢に腫れが見られたため、同レースを回避した。その後、北海道のノーザンファーム早来に戻った後、左背中にも大きなダメージがあることが発覚。この状態では、今後復帰したとしてもベストパフォーマンスを発揮しづらいとの判断から、電撃引退が決まった。

 同馬は母に日米オークス勝ちのシーザリオ、兄にエピファネイア、リオンディーズのG1ホースを持つ超良血馬。2歳時にホープフルSで無敗のG1制覇を果たすと、そこからの直行となった翌年の皐月賞も快勝した。ただ、その後は激しい気性が災いする面もあってG1ではなかなか勝ち切れず、昨夏の宝塚記念4着がラストランとなった。 同馬だけでなく、母や兄を管理していた角居調教師はすでに今年2月末での勇退が決定。その前に思わぬ形でターフを去ることになったが、今後は偉大な血を子供たちにつないでいく。

19年のG1皐月賞を制したサートゥルナーリア
すべての写真を見る 1枚

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請