片山善博氏、今度はランチも規制の飲食店に同情「猫の目行政に翻弄されている」

東京・赤坂のTBS本社
東京・赤坂のTBS本社

 15日放送のTBS系「ひるおび!」(月~金曜・午前10時25分)では、発出から1週間を迎えた緊急事態宣言下の生活について特集した。

 この日の番組では、政府の「昼も不要不急の外出自粛を」という呼びかけの元、ランチ営業まで規制され経営危機に陥った飲食店の困窮ぶりを紹介した。

 この件について聞かれたコメンテーターで出演の前鳥取県知事・片山善博氏(69)は「(飲食店)経営者の皆さんのお話を聞いていてね。もし、私が同じ境遇だったら、本当に心が折れると思います」とポツリ。

 その上で「猫の目行政に翻弄(ほんろう)されているわけですよね。GoToイートってあったじゃないですか?食べに行きなさいって。それ用に店の仕様をしつらえたり。(午後)8時まで(営業)いいよって言われて、じゃあ、ランチを頑張ろうとしたら『誤解だよ』って。本当に心が折れる前に怒るかも知れません」と続け、「政治家はお気楽だと思います。(飲食店の)皆さんのことを考えないで。政治家に『あなたの選挙区がコロコロ変わるとなったら、どう思いますか』って聞きたいですね。せっかく、新しい選挙区で頑張ろうと思ったら、『違うよ』って言われたら、どう思うか。そう考えたら、この皆さんの気持ちが分かるでしょって」と怒りをあらわにしていた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請