【卓球全日本】前回4強の橋本帆乃香が初戦フルゲームで敗退「実力が足りなかった」

橋本帆乃香
橋本帆乃香

◆卓球 ▽全日本選手権 第5日(15日、丸善インテックアリーナ大阪)

 女子シングルス4回戦でスーパーシードの選手が初戦を迎え、前回4強の橋本帆乃香(22)=ミキハウス=が平侑里香(25)=サンリツ=に3―4で敗れる波乱があった。カット主戦型の橋本は第4、5ゲームを連続で取られ、2―3となる苦しい状況の中、緩急をつけながら自らのペースに引き戻し、最終ゲームも7―1とリードしていた場面から反撃を許し、最後は相手の返球がエッジに当たる不運も重なった。「組み合わせを見た時点で強い選手が入ってきたと思って、準備はしてきたけど実力が足りなかった。最終ゲームもリードしていたのに逆転されて気持ちの面でも大きかった」と肩を落とした。

 中学1年時に初出場して以降、10回目の出場で初の初戦敗退。「(新型コロナの影響で)久しぶりの試合だから緊張したと言うことはないけど、試合がなかったことは影響したかもしれない」と振り返り、今後に向けて「自分の課題を練習して、大会が始まったら全力で臨みたい」と前を向いた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請