【カーバンクルS・前日情報】9歳馬トウショウピストに穴気配 土田師「しまいは確実」

スポーツ報知

 1月16日の中山競馬のメイン競走、11RのカーバンクルS(4歳上オープン、芝1200メートル)で、9歳馬のトウショウピスト(牡9歳、美浦・土田稔厩舎、父ヨハネスブルグ)が、好気配を漂わせる。

 レース前日の15日は、最終追い切り後だったため、厩舎周りの運動で調整を終えた。土田調教師は「体調は安定している。雰囲気はいいですよ」と好調をアピールする。

 前走のラピスラズリSでは後方から伸びて0秒2差5着。今年で9歳を迎えたが、衰えはまったく感じられない。ハンデは54キロと恵まれ、流れ次第ではさらなる前進がある。トレーナーは「復調してきて、だいぶ安定して走れている。出たなりで脚をためられれば、しまいは確実に伸びる。時計のかかる馬場なら、なおいいね」とチャンスをうかがっている。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請