【ソフトバンク】和田毅、“キングカズ・トレ”でパ左腕史上初の「40代2ケタ勝利」へ

自主トレで坂道を駆け上がる和田(代表撮影)
自主トレで坂道を駆け上がる和田(代表撮影)

 ソフトバンク・和田毅投手(39)が“キングカズ・トレ”で偉業に挑む。14日、長崎市内で後輩の笠谷と自主トレを公開。サッカーJ1・横浜CのFW三浦知良(54)も取り入れたピラティス効果で、パ・リーグ左腕では史上初となる「40代2ケタ勝利」を目標に掲げた。

 「規定投球回と2ケタは大きな目標として持っていないといけない」。120試合の変則日程だった昨年は8勝。2月21日に40歳を迎えても「自分に甘えることなく上を目指していきたい」と向上心は尽きなかった。16年に広島・黒田が達成し、過去に6人しかいない快記録。新たな下準備が自信を深めさせてくれた。

 昨季終盤に膝を痛め「股関節や体幹の可動性を見つめ直さないと」と実感。経験者だった笠谷を頼り、初めて本格的にピラティスを導入した。コロナ禍の自粛期間でカズも励んだというエクササイズ。「けがをする比率も減ってくる」と“長寿”の効果を実感中だ。

 現役の松坂世代は西武・松坂と2人だけ。新たに2年契約を勝ち取り「一年一年が勝負」と気を引き締めた。初詣のおみくじは家族全員が大吉。有言実行の1年が始まる。(長田 亨)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請