【オリックス】張奕、2週間自宅待機後初の自主トレ…故郷・台湾はコロナ封じ込めに成功「意識の問題かな」

練習中、談笑する張奕(代表撮影)
練習中、談笑する張奕(代表撮影)

 オリックスの張奕(ちょう・やく)投手(26)が14日、大阪・舞洲の球団施設で今年初の自主トレを行った。5年目右腕は昨年11月下旬に台湾に帰郷し、12月30日に再来日。新型コロナウイルスの感染拡大防止のために2週間、自宅待機し、この日から練習を再開した。

 キャンプを逆算しての早めの来日だったが、隔離生活の練習不足は否めない。「状態面はちょっと…。キャンプにはまだまだ。どうせなら、ちゃんと体を作って戻る」と、調整遅れを告白。昨年も春季キャンプ終盤に右肘痛で離脱しており「焦っても、またけがになっちゃう。そっちの方が嫌」と1年間先発ローテを守るため、慎重に調整を進めていく考えだ。

 台湾の新規コロナ感染者数は1日1ケタ程度。封じ込めに成功している故郷に触れつつ「罰金とかルールを徹底している。日本も緊急事態宣言が出たけど2回目でもういいやん、大丈夫でしょっていう風潮も。意識の問題かなと。自分も自覚しないとダメだなと思っています」と引き締めた。(宮崎 尚行)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請