【日本ハム】ドラ2・五十幡亮汰、プロでも大学時代から愛用の特注スパイク使う

特注スパイクを披露する五十幡
特注スパイクを披露する五十幡

 日本ハムのドラフト2位・五十幡亮汰外野手(22)=中大=が14日、大学時代から愛用するスパイクでプロ球界に挑む覚悟を明かした。中大時代からミズノ製のオーダー品を愛用。中学3年時の全国大会でサニブラウン・ハキーム(100メートル日本記録保持者)を破ったルーキーは「このスパイクでやっていこうと思います」と宣言。千葉・鎌ケ谷での新人合同自主トレでもスパイクを履いてノックを受け、軽快な動きを見せた。

 ミズノ関係者によると8本歯で軽量化とクッション性を兼ね備え、前方への推進力が得られやすいデザイン。8本歯の場合は前部5本、後部3本の配置が主流だが、より地面を捉えるために前部6本、後部2本に変更。歯の位置も陸上用スパイクに似た配置となっており「すごく気に入っている」。こだわりの相棒とともに、自慢の快足で球界を席巻する。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請