【尾車親方の目】今場所は大栄翔かもしれない

高安(右)を押し出しで破った大栄翔(カメラ・清水 武)
高安(右)を押し出しで破った大栄翔(カメラ・清水 武)

 ◆大相撲初場所5日目 〇大栄翔(押し出し)高安●(14日、東京・両国国技館)

 大栄翔の勢いが止まらない。高安のかち上げも効果なし。頭からの強烈な当たりとその後の突きのスピード、間髪を入れずの突っ張りで圧倒した。突っ張りは足が命で、大栄翔はよく前に出ている。曲がった肘が伸びて、相手の胸を突く時に体重が乗っているからズシリと響く。腰の重い高安も簡単に押し出された。

 押し相撲は乗ると手が付けられない。その典型が大栄翔。一方、黒星が続くのも押し相撲の特徴でもある。それが今場所の貴景勝といえる。初日からの5連勝に親方衆は「今場所は大栄翔かもしれない」と口をそろえた。しかし、残り10日間に相撲の怖さが隠れているのも事実だ。

 格下が相手になると立ち合いの変化などが気になる。さらに星勘定すると思い切りもなくなる。押し相撲ならではの“面相撲”(連勝と連敗が続くこと)も怖い存在だ。邪念を捨てて土俵に上がれるか。大栄翔の敵は自分自身でもある。(スポーツ報知評論家)

取組結果

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請