田中将大をパドレスが調査…「複数年契約を結ぶ有力な候補」とメジャー公式サイト

田中将大
田中将大

 パドレスが、ヤンキースからフリーエージェント(FA)になった田中将大投手(32)を調査していると13日(日本時間14日)、メジャー公式サイトが伝えた。

 パ軍は今オフ、ダルビッシュ、スネルとエース級をトレードで獲得したが、先発陣に負傷者を抱えており、さらなる補強の可能性があるという。巨人・菅野がポスティングシステムによるメジャー移籍を目指した際にも獲得候補に挙がっていた。

 同サイトは、田中をヤ軍入団時から指導していたロスチャイルド氏が昨季からパドレスの投手コーチを務めることもプラスに働くと指摘。「質の高いイニングを稼げる先発を探すチームにとって、複数年契約を結ぶ有力な候補」と評した。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響などで、今オフはFA市場の動きが低調。田中に関しては、内野手のラメーヒューとの再契約を最優先事項とするヤ軍のキャッシュマンGMが昨年12月に「田中とも交渉を継続中」と明かしたが、大きな進展はない。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請