【巨人】桑田真澄コーチも殿堂入り佐山和夫氏を祝福 共著2冊で「勝利至上主義」語り合う

佐山和夫氏
佐山和夫氏

 野球殿堂入りが14日、東京・文京区の野球殿堂博物館で発表された。アマ球界などが対象の特別表彰では作家でゴールデンスピリット賞の創設に尽力した佐山和夫氏(84)と、アトランタ五輪日本代表監督で銀メダルを獲得した川島勝司氏(77)を選出。プレーヤー表彰、エキスパート表彰ではともに当選必要数に届いた候補者がおらず、両部門での選出なしは1998年以来23年ぶりとなった。

 佐山氏は米国の野球史だけでなく、巨人の桑田コーチと共著で「スポーツの品格」(集英社新書)、「野球道」(ちくま新書)の2冊を対談形式で出版している。ともに野球の本質をとらえ、スポーツを巡る問題の根源である「勝利至上主義」について語り合った。野球の王道を進んだ桑田氏に一歩も譲らない佐山さんの野球観がぶつかりあう好著だ。

 巨人桑田投手チーフコーチ補佐「早大大学院で学んでいた時に、和歌山のご自宅にうかがって日米の野球の歴史についてお話を聞かせていただきました。現役を引退して、学問として野球に取り組んでいた時期。僕にとって大変貴重な出会いでした。その後、共著も出させていただきましたが、豊富な知見をベースに、多面的にものごとを捉えようとされる姿勢に、多くのことを学ばせていただきました。これからも日米の野球界のあり方について、たくさんのご意見をいただければと思っています」

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請