ビーチバレー国際大会エントリーミスで3役員が処分

 日本バレーボール協会は14日の理事会で、ビーチバレーの国際大会へのエントリーミスで3人の役員が処分されたと発表した。鍛冶良則事務局長に厳重注意、鳥羽賢二ハイパフォーマンス事業本部長と小田勝美・同副本部長に対し、けん責処分がそれぞれ下された。昨年1月のビーチバレーワールドツアー男子のイラン大会で参加申請していたチームのキャンセルを同協会が変更期日までに行わず、別の日本チームが繰り上がりで出場できる機会を逸した。

 また、日本バレーボール機構の嶋岡健治会長は同日、緊急事態宣言下のVリーグ開催について「今は何チームが試合に出られないから中断とか中止にするとかは考えていない。各チームと連係をとりながら決めていきたい。試合開催地の自治体がだめだと言ったら開催はできない」と話した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請