中瀬ゆかりさん、「とくダネ!」終了の小倉智昭氏は「老害を巻き散らかしている人が多い中、引き際の美学がかっこいい」

中瀬ゆかりさん
中瀬ゆかりさん

 新潮社出版部長の中瀬ゆかりさん(56)が14日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・後5時)にリモート出演。小倉智昭氏(73)が司会を務めるフジテレビ系情報番組「情報プレゼンター とくダネ!」(月~金曜・午前8時)が3月いっぱいで終了するなど、各局の長寿番組が次々と終了する現状についてコメントした。

 「とくダネ!」出演中の立場から「終わるってうわさは何年かに一度あって。でも、去年の秋ぐらいに3月の末(で終了)だってうわさが流れて。でも、その時点では私たちは何も知らされてなかったし」と話した中瀬さん。

 「こういうことになるってことで22年間やってきて、どんなものにも必ず終わりはあるし…。小倉さんはものすごい力量のある方だと思うんで、73歳で若いわけではないんですけど、それだけの年月やってきた蓄積がものすごくて。音楽やスポーツへの造詣とか他にかなわないようなものをお持ちで」と小倉氏について話した上で「まだやれるんだけど、人間、まだやれる時こそ引き際って重要でね。引き際の美学って始める時より難しい。そういうのが財界や政界でできない人がいっぱいいて、老害を巻き散らかしているわけですよ。そういう中で小倉さんがこういう決断に至ったというのは、すごいかっこいいなと思います」と続けていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請