爆問・田中裕二、生島ヒロシのモノマネをしていた過去を告白

ラジオで対談した生島ヒロシ(右)と田中裕二
ラジオで対談した生島ヒロシ(右)と田中裕二

 爆笑問題の田中裕二(56)が15日放送のTBSラジオ「生島ヒロシのおはよう定食/一直線」(月~金曜・前5時)にゲスト出演し、過去にアナウンサーになりたかった夢を明かす。

 田中は中学時代、生島がDJをつとめていたTBSラジオ夜の若者向け番組「夜はともだち」の大ファンだったと告白。「こういう仕事がしたい」と憧れるようになり、生島のモノマネをしていたという。都立井草高校に進学後は放送研究部に所属。「ウーチャカ」の愛称で「ウーチャカ大放送」という校内ラジオ放送のパーソナリティをつとめていたと回想した。

 日大芸術学部進学後は、TBSの「FM無線室」でアルバイトをして実践を積んだものの「アイツ(太田光)と出会って3か月で辞めちゃった」とそこから徐々にお笑いの世界へと入った。

 また相方の太田は携帯を持たないといったビックリ情報や、タレントで妻の山口もえ(43)との3人の子育て奮戦記などを笑いを交えながら話した。

 田中は22日にも出演する。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請