【日経新春杯】 ヴェロックスが3頭併せで最先着 片山助手「前走時よりも動ける状態」

馬場へ向かうヴェロックス(カメラ・高橋 由二)
馬場へ向かうヴェロックス(カメラ・高橋 由二)

◆日経新春杯追い切り(1月14日、栗東トレセン)

 日経新春杯・G2(1月17日、中京・芝2200メートル)で悲願の初のタイトルを目指すヴェロックス(牡5歳、栗東・中内田充正厩舎、父ジャスタウェイ)が14日、栗東トレセンのCWコースで最終追い切りを行った。

 3頭併せで最後方からスタートすると、自らしっかりとハミをとった。直線で最内から、しっかりと伸びて、最先着でフィニッシュ。片山助手は「前走後も在厩調整で順調に乗り込めていることから、今回は前走時よりも動ける状態に上がってくると思います」と意気込んだ。

 前走の中日新聞杯は9か月半ぶりのレースで、好位から競馬を進めて3着。19年の3冠ロードを2着、3着、3着で進みながら、白星は19年3月の若葉Sから遠ざかっており、今回こその思いで、重賞初Vを狙っている。

出馬表

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請