【巨人】桑田真澄投手チーフコーチ補佐が初仕事 久々のG球場に「目標は同じ日本一。どんな形でも貢献したい」

桑田真澄氏
桑田真澄氏

 巨人の桑田真澄投手チーフコーチ補佐(52)が14日、コーチとしての初仕事に臨んだ。

 この日はジャイアンツ球場で行われた新人合同自主トレを視察し、コーチ会議に出席。久しぶりにジャイアンツ球場に足を踏み入れ「選手としてではなく、指導者として来たが、やはり目標は同じで日本一になること。どんな形でもいいので力になりたいな、貢献したいなという思いが強かった」と話した。

 午前中は新人選手と直接会話をすることはなかったが、新人選手に伝えたいことはと問われると「たくさん走ってたくさん投げるという時代ではない。分からなかったことがスポーツ科学の発展で解明されてきている。そういうことをフルに活用して、球団もそういうものを準備してますのでそれを活用しながら早く、うまくなってもらいたい。野球はうまくならないと楽しめない。早くうまくなって野球を楽しんで。そして、1軍でも活躍してもらいたい。新人の選手には2、3年かけてじっくり土台を作ってそれからでもいいっていう風に彼らにも伝えたい」と答えた。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請