マリナーズ特別コーチに就任の岩隈久志氏が会見 菊池雄星に期待

岩隈久志氏
岩隈久志氏

 マリナーズの特別コーチに就任した前巨人の岩隈久志氏(39)が13日(日本時間14日)、オンライン会見を行った。

 昨年末にマ軍から特別コーチ就任の打診があり、家族とも相談して決断した。「すごくありがたい話だった。やらせてもらおうと返事をしました。自分自身もまた勉強していきながら、自分が積んできた経験などを伝えていけたらいいなと思います」と謙虚に語った。

 マ軍で会長付特別補佐兼インストラクターを務めているイチロー氏(47)にも連絡したという。「またイチローさんとこうやって同じような形で一緒に仕事ができるので、すごくうれしくもあります。イチローさんからまたいろんな話を聞かせてもらいながら、やっていけたらいいなと思っています」と声を弾ませた。

 マ軍に在籍し、2年目の昨季は9試合で2勝4敗、防御率5・17だった菊池雄星投手(29)については「自分の持っている能力とかピッチングとかをまだメジャーの場では発揮できていないのではないかという印象がある」と分析。「やはり期待もありますし、本人が自信をしっかりつけていければ必ず結果は残せると思う。アドバイスじゃないですけど、寄り添って一緒に戦っていけたらいいのかなと思います」と、2月のキャンプから一緒になって課題に取り組む姿勢を示した。

 今後は米シアトルに拠点を置き、キャンプからシーズンを通して、メジャー、マイナー(傘下3Aタコマ)の投手を他の投手コーチらとともに指導していく予定。コーチ業務のほかに、チームのスカウトである能登学氏と日本でスカウティング業務にも携わっていくという。

 岩隈氏は楽天からFAで12年にマリナーズ入り。15年8月12日オリオールズ戦で日本人投手2人目のノーヒッターを達成するなど、3度の2ケタ勝利で通算63勝39敗(日本では近鉄、楽天で通算107勝69敗)をマーク。19年から2年間は帰国して巨人に在籍し、昨年限りで現役引退を表明していた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請