ラグビーTL開幕延期へ 神戸製鋼でも10人感染

トップリーグの神戸製鋼
トップリーグの神戸製鋼

 新型コロナウイルス感染拡大を受け、ラグビー・トップリーグ(TL)が16日に予定していた開幕を延期することが14日、分かった。オンライン記者会見で太田治チェアマン、日本協会の岩渕健輔専務理事が説明する。12日に開幕節のトヨタ自動車―サントリー(16日・豊田ス)、リコー―キヤノン(17日・駒沢)の中止が発表されていたが、感染拡大が収まるまでリーグ全体で待つ判断をしたとみられる。

 TL内でも感染は拡大している。TL所属の神戸製鋼がこの日、チーム関係者10人がコロナ陽性者と判断されたと発表。12日までにトヨタ自動車13人、サントリー選手、キヤノン24人、東芝2選手の陽性が確認されており、5チーム計56人にまで広がった。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請