ラグビー神戸製鋼でも10人コロナ感染 TL急きょ会見

トップリーグの神戸製鋼
トップリーグの神戸製鋼

 16日に開幕を控えるラグビー・トップリーグ(TL)の神戸製鋼は14日、関係者10人が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと発表した。TLチームでは12日までにトヨタ自動車で13人、サントリーで7人、キヤノンで24人、東芝で2人の感染者が判明。開幕節のトヨタ自動車対サントリー(16日・豊田ス)、リコー対キヤノン(17日・駒沢)の中止が決定しているが、さらなる感染者拡大を受けて太田治TLチェアマン、日本協会の岩渕健輔専務理事が急きょオンライン会見を行うことになった。

 16日の開幕戦(ノエスタ)でヤマハ発動機と対戦予定の神戸製鋼は、11日以降に体調不良を訴えた関係者2人に対し抗原検査を行ったところ陽性が判明。また11日に選手、スタッフら関係者の定期PCR検査で抗原検査陽性者を含む10人が陽性判定を受けたという。12日から関係者全員が自宅待機している。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請