御殿場市が飲食店に「一見さんお断り」ポスター…市民守るため

静岡県御殿場市が市内の飲食店向けに配った「一見さんお断り」と記したポスター(御殿場市提供)
静岡県御殿場市が市内の飲食店向けに配った「一見さんお断り」と記したポスター(御殿場市提供)

 緊急事態宣言が出された東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県からの客らを念頭に、静岡県御殿場市が13日までに、「一見さんお断り」と記したポスターを作り、市内の飲食店に配り始めた。住民からは「首都圏への差別では」と批判が出ているが、市の担当者は「差別の意図はなく、市民を守るためだ」と理解を求めている。

 ポスターは店主と御殿場市の連名。市によると、JR御殿場駅周辺の飲食店196店に郵送で配布したほか、市のホームページからダウンロードして使用することも可能という。

 “キャッチコピー”については「以前は『県外(お断り)』としたこともあったが、対象を特定するのは良くないのではという意見もあった」ことから、「一見さん」という表現を使うことに決定。客の感染が判明した場合、連絡先の分かっている常連客に比べて新規の客は感染経路をたどるのが難しい上に「(店側から)入店を断りにくい」として、店側から「自治体として、何か作ってほしい」との要望があったとした。

 この対策に対し、市には「言葉にしてくれるのは助かる」と賛成の一方、「表現が適切でない」「首都圏の住民を(全て)感染者扱いしている」といった否定的な声など、12日までに50件以上の意見が寄せられた。多くが批判だという。

 御殿場市では、昨年8月に市内の飲食店でクラスター(感染者集団)が発生。その際にも、同様のポスターを作製し、配布していた。ポスターの掲出による飲食店と客とのトラブルについて、市は「(トラブルの)有無も含めて、把握していない」と話している。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請