【卓球全日本】張本美和は2回戦敗退も納得「自分の実力が足りなかった」

女子シングルス2回戦 1−3で敗れ、ガックリ肩を引き揚げる張本美和
女子シングルス2回戦 1−3で敗れ、ガックリ肩を引き揚げる張本美和

◆卓球 全日本選手権 第3日(13日、丸善インテックアリーナ大阪)

 女子シングルス2回戦で張本美和(12)=木下グループ=は、皆川優香(19)=大阪成蹊大=に1―3で敗れた。第1ゲームを奪ったが、Tリーグの日本生命レッドエルフにも所属する関西学生王者の緩急の変化に対応しきれず「あまり悔いはないというか、実力が足りなかったなと思います」と真摯(しんし)に受け止めた。

 12日にはジュニアの部で4回戦で敗れた。「昨日はジュニアで悔しかったので、今日は負けても勝っても全力で頑張ろうと思っていた」と切り替え、この日の1回戦は梅木ちとせ(大分・明豊高)に3―0の白星も収めた。小学校最後の全日本選手権への挑戦は大会3日目で幕を閉じたが、「緩急が付いたボールを自分のタイミングで打てるようにしたい。もっと実力を向上して、次は悔いのないように頑張りたい」と今後の成長を誓った。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請