【日本ハム】野村佑希20歳の誓い 世代ナンバーワンの活躍を

守備練習する野村(球団提供)
守備練習する野村(球団提供)

 ジェームスの「J」は実力の「J」だ! 日本ハムの野村佑希内野手(20)がミドルネームの頭文字に引っかけ、人気度外視で2年連続開幕スタメン入りを宣言した。新年は杉谷に弟子入りし、清宮、郡らと沖縄の離島で自主トレ。持ち味の打撃を武器に飛躍を遂げ、新成人を迎えたミレニアム世代内ランキングのごぼう抜きを誓った。

 野村はひそかに闘志を燃やしていた。成人の日の11日に発表されたオリコン「期待の新成人ランキング」。プロ野球から唯一、同期の吉田輝星がトップ10入りした。1位は女優の浜辺美波、2位は競泳の池江璃花子。そうそうたるメンツに名を連ねた右腕に「そういう知名度じゃなかなか勝てない」と笑いながらも「シーズン終わった時に、同世代で一番活躍できているように。しっかり結果で見返したい」と力を込めた。

 実力でミレニアム世代NO1を狙う。まずは野球界トップの称号。昨季は巨人・戸郷が9勝を挙げてブレイクした。「(ロッテ)藤原とかもどんどん試合に出ていますし、負けたくない」。ドラフト時から「BIG4」と称された吉田、藤原、根尾、小園らもライバル。「僕の長所は打撃。他を圧倒できるような成績を出したい」とバットで違いを示すつもりだ。

 2年連続開幕スタメンが最初の目標だ。昨季はビヤヌエバの虫垂炎離脱でチャンスをつかみ「8番・三塁」で初の開幕先発をゲット。7月上旬に打球を受けた右手小指を骨折し離脱するまで、プロ初含む3本塁打を放ち台頭した。出場21試合にとどまったが、今季こそ定位置取りに期待がかかる。

 自主トレでは課題の守備も杉谷を見本に磨いている。「去年はいろんな運が重なっての開幕スタメン。今年はしっかり“実力”で勝ち取って、開幕スタメンから1軍で活躍できるように頑張りたい」。今はまだ、ランク外のスラッガー。将来の“浜辺超え”の可能性も十分秘めている。(秦 雄太郎)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請